スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
今年もよろしくお願いいたします
謹賀新年

昨年は大変な年でしたが、
今年はみんながこの寝顔のように
幸せに過ごせる1年でありますように。

s-RIMG0295.jpg
ミーシャ13歳           

s-IMG_0044.jpg
チー7歳

ミーシャは、腸管悪性リンパ腫と2年前の夏、診断されましたが、
今もこのとおり、健やかにしております。
誤診だったのか、私たちの祈りが通じたのか定かではありませんが、とにかく今この寝顔があることに感謝しつつ、
生命の強さと美しさを実感しています。


私も微力ながら社会に貢献できる仕事を
一歩ずつ積み重ねていきたいと思っています。

健康に気をつけて、今年も
みなさんと前を向いて進んでいきます!

本年も引き続きよろしくお願いいたします。


| 増田美加 | 健康 | - | - |
頭皮ケアって大事ですね!
6月のマンマチアーで、
乳がんの化学療法後の頭皮ケアについて

日本の髪と頭皮の第一人者、
井上哲夫先生(国際毛髪科学研究会 会長)に
お話を伺いました。

治療後の頭皮ケアだけでなく、
普段の頭皮や髪のケアについても伺えて、
目からウロコのお話ばかり。
私も日ごろ、自分の頭皮に対して
きちんとケアしてあげていないことを反省して
早速はじめました。

私が頭皮ケアで使っている
スカルプケアローションは、こちら。
s-110728_104727.jpg
お友達の永本玲英子さん
サロン・ド・リジュー
オリジナルでつくられたローションです。
スカルプスキンローションをシャンプー後、頭皮につけて
マッサージしてからドライヤーで髪を乾かす。
すると、髪までサラサラになる感じがして、
すごい効果を感じています。
この夏、汗で頭皮に
かゆみや赤みがあったのですが、それも解消

朝晩、髪をとかすときに頭皮マッサージをしただけで、
心なしか顔もリフトアップしたような
ホウレイ線もうすくなったような
これまでずぼらな私はあまりケアしていなかったのですが、
頭皮ケアって大事ですね

s-salon-de-rejue-20106-20.jpg
少しは、玲英子さんのような美髪に近づけるかしら、と
思っています

いつも感じることですが、
毎日のケア、心配りって大切
その部分に目を向けてあげるだけで、
私たちの体って変わるんだってことを年々実感しています





| 増田美加 | 健康 | - | - |
チョコレートと老化防止の関係

 もうすぐバレンタインデーですね
4月に小学館から出版予定の”アンチエイジング”本(正式タイトルが決まったら、またお知らせいたします)に書いた、チョコレートの話を特別に少しだけご紹介しちゃいます。

「チョコレートに使われるカカオには、血管の老化を防ぐ力がある」
のです。
アンチエイジングには、血管の若さは欠かせません 
カカオは、抗酸化物質と食物繊維も豊富で血糖値が上がりにくいという特徴も
血管が若いということは、脳も元気!不調も少なく、肌もキレイ!につながります。また、女性では骨量をサポートする力もあるというから、嬉しい限り。
おすすめは砂糖控えめカカオ70%のダークチョコレート
す。


こんな原稿を書いていたら、偶然にも知人からチョコレートが送られてきました。

ベルギーの古都リエージュの3代にわたるパティスリー&ブランジェリーの家系に生まれた「ピエール・ルドン」氏のチョコレート。
世界各国のコンクールで数々の賞を最年少で受章した若き天才だそうです。

3段重ねのお重のような、おしゃれなパッケージ。日本ではバレンタイン期間、ホワイトデー期間だけの限定販売だそう。



カラーストーンのようなチョコはいくつもの味が楽しめて、甘すぎず、シャンパンにもワインにも合いました。
血管と骨の老化防止、プレ更年期にも効くかしら、と思いつつ、美味しくいただきました




| 増田美加 | 健康 | - | - |
今年もよろしくお願いいたします

 本年もよろしくお願い申しあげます。
2010年の幕が開きました。
今年の私のテーマは、ライフワークの”乳がん検診の啓発”
”子宮頸がん予防”です
これについては、昨年から書いてきていますが、また今年も新たな話題をお知らせしていきたいと思います
そして、私自身もまっただ中にいる”更年期”この話題も積極的に取り上げていきます!

女性誌や単行本に加え、今年はウエブやモバイルサイトにも、連載していきますので、ご注目ください
もちろん昨年同様、今年も、全国で講演活動も行います! みなさんと直接お会いできる機会ですので、楽しみです! 毎回、声をかけていただいたり、本の感想を言っていただけると、とても参考になります

ということで体力と気力が大事今年もランニングとヨガ、ピラティス、そしてボクササイズで、ストレス発散と気力充実を心がけます! &美容効果も期待してます。



この写真は2009年最後の夕陽 いつもの私のランニングコース、多摩川で撮りました。毎年、31日の夕陽を見ながら走るのは恒例にしています!
そして、2010年最初のランは4日でした

今年はエクササイズとアンチエイジング&美容についても、たくさん書いていきますので、ご期待ください。
4月8日ころには小学館から”老化防止”本(タイトルはまだ内緒)を出版予定です


ちなみに、こちらは、今年の年賀状に使った写真です。うちの愛猫(下の子)名前は”チー”5歳です。

| 増田美加 | 健康 | - | - |
こころとカラダのキレイ塾セミナー

 2009年9月6日(日) リクルートGINZA 8丁目ビル にて、「こころとカラダのキレイ塾」が開かれます。

私も講師のひとりとして、お話をさせていただきます
ほかに講師は、服部学園理事長の服部幸應さん、ウエル・ビーイング代表取締役社長の鈴木誠二さんです

健康で美味しいランチやおみやげも付いて1000円だそうです。

おふたりのテーマは”食と健康”。
私は、「キレイのためのからだチェック」として女性に必要な検診でキレイになる方法をお話するつもり。

150名限定だそうですので、興味のある方は

http://www.cocokarada.jp/kirei/090906_
cocokarada_seminar.pdf


https://krs.bz/cocokarada/m?f=151

から申し込めます。
申込締切は8月28日ですので、お早めに

この「ここカラダ」は、リクルートと三井物産が共同で作っているサイトで、女性の医療に関することが事細かに紹介されています。病院探しのコツから症状チェック、病気事典、女性のための検診施設の紹介や病院施設検索までついています。
http://www.cocokarada.jp/

たとえば、「乳がん検診に行こうと思っているけれど、どこに行ったらいいのかわからない」というときにも役立ちます。

全国の乳がん検診施設を紹介していますので、自分の近くの通いやすい検診施設、病院を検索できるのです。

ちなみに、ミュージシャンの川村カオリさんが亡くなられてから、「乳がん検診」へのアクセスが急増したそうです
みなさんきっと心にズキリときたのでしょう。

まだご覧になったことがない方は、ぜひのぞいてみてください。使えるサイトです!
「人間ドックのここカラダ」には、私のインタビューも掲載されています。
http://dock.cocokarada.jp/interview/pa_07.shtml



| 増田美加 | 健康 | - | - |
筋トレ
前回、私のランニングについて書きましたが、4月〜5月は気候がよかったせいか、週3〜4日、1日10〜15キロ、走っていました。
1か月で約160キロ走ったことになります。ジョギング
無理して走っているつもりはなかったのですが、骨盤周辺の筋を痛めてしまったらしく、
走る振動で痛い!
走ることで体を痛めたのは初めてで少しショック。あせあせ
そこで発想を切り替え、6月に入り、走れない日は近所のスポーツスタジオでヨガか、ピラティスに毎日のようにいそしんでおりました。植物

そして、やはり筋力から鍛えなければ、ということを実感し、プロのトレーナーについて筋トレのレッスンを体験しようと
「横浜つづき整形外科」付属の「プロフェッショナルパフォーマンス」
http://yokohamatsuzuki.com/index.html
に行ってきました。
これまで、プロのトレーナーはオリンピック選手を目指すプロのアスリートやプロサッカー、野球の選手のための仕事しかしないのでは、という先入観がありました。
でもこの分野、今どんどん進んできていて、一般の私たちも気楽に利用できるようになってきています。
最近、働く女性の間では、ランニング、ウオーキング、ゴルフ、ヨガ…と運動ばやり。
私の周囲の友人や仕事仲間も、ほとんどがなんらかの運動をしています。
取材で出会ったトップキャリアたちもそうでした。
仕事へのパワーとキレイを維持するには、運動が大事ということを実感できたからだと思います。
そして、すべての運動の基本は、筋トレ。

話は長くなりましたが、
この日、私が教わったトレーナーは坂本俊則さん。

米・ギルフォード大学でスポーツ医学科アスレティックトレーニングを専攻し、リンチバーグ大学大学院在学中には大学のヘッドトレーナーをつとめ、18の野球、アメフトチームのトレーナー経験をもつという、すごい方。
非常に難関といわれている全米アスレティックトレーナーズ協会の認定資格も取得。
これはアメリカ医学会で準医療従事者と認定されているほど信頼の高い免許です。


これが「プロフェッショナルパフォーマンス」のトレーニングルーム。
私はここで100分3000円のトライアル(体験)を行いました。

こんな素晴らしいキャリアを持ったトレーナーに教えてもらうと、少し運動をしている人なら、すぐに「ああ、そうだったのか」と自分の体のしくみや機能に気づくことばかり。
長所や弱点がわかり、今日からの日常生活でも取り入れられます。
それだけでも楽しいかわいい
さらに、素敵なトレーナーに手とリ、足とりパーソナルな”私だけ”の筋トレを教えてもらい、痛い箇所をフォローする方法などのアドバイスをもらえると、女性ホルモンもアップするというものです。るんるん

ここの代表である整形外科医の山藤賢先生ご自身も日本オリンピック委員会強化スタッフ(サッカー医科学スタッフ)として、なでしこジャパンについて世界各国に遠征に出かけるプロ。
もちろん、北京オリンピックにも同行するそうです。

私、かねてから問題を感じていたことがあります。
こんなに日本にも優秀で専門的なスポーツメディカルドクターやトレーナーが生まれてきて、この分野はどんどん発展しているのに、なぜ、ふつうの女性の骨、関節や筋肉の不調に的確に治療し、さらに予防について推進してくれるドクターが出てこないのか。
年配者だけでなく、30代、40代でも関節痛、腰痛、首や肩のこりに悩む女性は多いのです。
でも整形外科にいくと、レントゲンで異常がないと、湿布、けん引、痛み止めくらいしか対処法がありません。
整形外科医と専門のトレーナーが手を組んで、女性の骨、筋肉のトラブルを予防するためのプログラムと実践法をつくってほしいなあと。
思っていても、だれもやってくれそうにないので、そういう本を私がつくりたいと思うようになりました。
まだ構想段階ですが、今周囲の整形外科医やトレーナーに声をかけているところです。
関節痛、腰痛、首や肩のこりをセルフケアする方法や、トラブルにならないための予防法の本です。
しばらくお待ちください!











| 増田美加 | 健康 | - | - |
私の多摩川ラン
昨年10月発売された村上春樹氏の『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)を今頃読んでいます。
走ることと書くことの思いが語られていて、書く仕事をしている私は共感することばかり。
この本に触発され、最近は雨が降っていなければほぼ毎日10キロ多摩川のお気に入りのコースを走っています。
彼がこの本で書いているように、走ることで自分の体、筋肉、骨、ひとつひとつを意識する時間は、もはや私にとっても欠かせない時間。毎日10キロ走ると自分の体がどうなるのか、興味津々なのです。
今日も10キロ走ってきました。


多摩川の昨日の夕陽。


多摩川は桜が終わったと思ったら、もう初夏の風情。カヌーの練習も始まりました。


多摩川土手に一面に咲く桜草。季節の移り変わりを身近に触れられるだけで、都会に住む私は感動してしまいます。


日が沈んだあとの川崎側の夜景。携帯で撮った下手な写真なので表現しきれませんが、ビルの夜景を見ながら走るのも、気分が高揚します。
| 増田美加 | 健康 | - | - |
整体エクササイズ
私、骨盤がけっこうゆがんでいることを最近知りました。
TAMAEヘルス&ビューティ研究所の谷玉恵先生に取材でお会いして、体のゆがみを見ていただいたら、「けっこう重症ね!」と。
下半身が冷えやすく、むくみやすいのは、骨盤が傾いているからだそう。
肩も内側に入っていて、左右さもあり。肩や首がこるわけです。
早速、谷先生に、整体で体のゆがみを正していただきました。
痛みもボキボキもなく、体の位置を修正し、タオルをあててキープ。
私は寝ているだけ。

施術前はこちら。
知らず知らずのうちに丸くなっていた背中と腰。

施術後はこちら。
骨盤の位置が正しくなると姿勢もよくなって、少しやせてみえませんか。

無理に体をボキボキさせたり、痛むほどひねったりする整体は危険です。
谷先生の整体は魔法のよう。一度修正してもらえば、少なくとも2週間はもちます。
数回通えば、かなりゆがみがとれ、体調もよくなり、太りにくくなります。

この記事は私と美容家、吉川千明さんの連載『美人計画4月号』です。
年齢のことを言っては失礼ですが、谷先生、このスタイルで62歳!なんですよ。
信じられません。
人の体は鍛えれば、ここまでいけるという証ですね。


| 増田美加 | 健康 | - | - |
皇居ラン
先週末、友人ふたりと皇居を2周しました。
1周5キロなので、約10キロ。
ちょうど桜の見ごろで花見気分で走れて最高!

手順はこうです。
仕事帰りに、まず皇居近くの銭湯に行き、
ウエアに着替えて荷物を預けます。
そして銭湯からゴー!
ぐっしょりかいた汗はお風呂で流し、
筋肉をもみほぐします。
あとはお楽しみの食事&ワインへ。

いつもは多摩川をひとりで走っている私ですが、
友達とおしゃべりしながら走るのも楽しいもの。
そうなのです。走り慣れてくると、スピードを
意識しなければおしゃべりして走れるの。
2周10キロ約1時間というスローペースで
皇居周辺の桜を見つつ、気の合う仲間とおしゃべりして
走るのって、すごくストレス発散になります。


桜の前で記念撮影。

友人のライター江口知子さん。
彼女はフルマラソンを約4時間で走る健脚です。
金哲彦氏の『「体幹」ランニング』(講談社)を
企画・編集しました。

私は乳がん発見をきっかけに健康のために走り出しましたが、
走ってよかったと思うことは、
1 何度も言うようですが、ストレス発散、気分爽快感を味わえる。
2 体脂肪が減って、体が引き締まった。
3 ”走れる”ことが自信につながった。人間の体って変われるんだなあってつくづく思います。
4 ちょっと食べすぎても安心。でもランのあとは格別、食事が美味しいので食べすぎに注意。
5 すごくいい発想が思い浮かんだり、悩みが解決したりする。
6 女性ホルモンがアップして肌がスベスベになる。

というわけで、ひとりで都会の景色を眺めつつ走るのも楽しいのです。
ストレスが多く、パソコンに向かう時間の長い
編集やライター仲間の女性たちは、最近ランにはまっている人が多いです。


これは皇居ラン翌日、土曜日の洗足池の桜です。

| 増田美加 | 健康 | - | - |
女性検診がよくわかるサイトをご紹介
+ウエルネス 健診へ行こう。
http://www.pluswellness.com/
です。

このサイトには、私がつくった
『女性ホルモン塾』『「女性検診」がよくわかる本』
(ともに小学館)の本から抜粋して、
女性ホルモンチェックや
おすすめの女性検診について紹介しています。
なかなか役に立つ内容なので、ご覧ください。

このサイトを企画した女性は、
私の乳がん仲間。
私は年1回の検診をしていたため、
超早期で発見でき、ちょこっと切ってとるだけの
簡単な手術で治療完了しました。
放射線もホルモン剤も、もちろん抗がん剤治療も
何も行わず、3日で退院。
その後、病院へは検診に行くだけです。
傷もまったくありません。

けれども彼女は検診を1度もしたことが
なかったため、早期発見とはいかず、
今も抗がん剤治療を続けています。
彼女のすごいところは、
自分の乳がん体験をきっかけに、
「女性たちに検診の大切さを伝えたい!」
と全国に女性検診を広めるための仕事に転職したこと。
そして、その仕事の一環として
このサイトを立ち上げたのです!

彼女の思いが詰まったサイトです。
ぜひご覧いただいて、
皆さんの健康に役立ててください。

| 増田美加 | 健康 | - | - |

プロフィール

写真:増田美加

増田美加(ますだ みか)

女性医療ジャーナリストとして、毎月、人気女性月刊誌や女性専門サイトで、数々の女性のための医療&健康・美容現場を取材。
婦人科から乳腺科、女性泌尿器科、肛門科、整形外科、内科、皮膚科、脳神経外科、精神科、漢方専門医、歯科、その他もろもろまで。女性のための医療の現状をお伝えし、そこでの最新生情報はもちろん、ここだけの本音をそっとお話します。

  • 増田美加プロフィール

Link

千明と友人たちのビューティーブログ

  • もっとキレイのプレスセミナー報告
  • 女性医療ライター増田美加の「女性のキレイ&元気に役立つ|名医訪問記」
  • 吉川千明のOrganic Beauty
END jugem_ad -->
RSS atom