スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
子宮頸がんワクチン発売!
 2009年12月22日、日本で初めて子宮頸がんワクチンが発売されました。
先日、10月16日にワクチン承認の嬉しい知らせを受けて以来、女性にとっては、待ちに待った日です。

子宮頸がんは、セックスによって感染する、ヒトパピローマウイルス(HPV)に関係があり、性交渉が一度でもある女性なら、誰でもかかる可能性があります。

けれども、子宮頸がんは、検診とワクチンでほぼ100%予防可能なのです。

その頸がん予防ワクチンが日本でもやっと接種可能になりました。
海外ではすでに100カ国以上で利用されていて、欧米では無料接種している国がほとんど。

日本も、これでやっと子宮頸がんが予防できる国になりました。
半年間で3回の接種を行います。10歳以上の女性なら接種可能です。
詳しくは「子宮頸がん情報サイト」をご覧ください。頸がん予防のための検診とワクチンが行える全国リストもあります。

まだ、健康保険が使えない(自費診療)ため、費用はクリニックによって、まちまちです。おおよそですが、診療費を含めて約4万数千円から5万数千円というところでしょうか。
まだまだ費用がかかるため、多くの人がだれでも接種できるものでないのが残念です。将来、健康保険が使えたり、海外のように公費で接種できるようになる日が来ることを期待します。

サーバリックス

| 増田美加 | 女性医療 | - | - |
子宮けいがんを100%予防する法!

今年の10月16日、子宮けいがんワクチンが日本で初めて承認されたのを知っていますか?
私たち日本女性にとって忘れてはならない日になると思います。今、一番ホットな話題です。
サーバリックス







これが承認された子宮けいがんワクチン「サーバリックスR」。
でもまだ発売はされていません。年内には、と言われています。

子宮けいがんは、ワクチンで予防できる唯一のがんなのです。
ワクチンで予防できるってことは、そう! 子宮けいがんはウイルスに感染することによって起こるということです。
もちろんインフルエンザとは違い、空気感染することはありません。セックスによって感染するウイルスです。
HPV(ヒトパピローマウイルス)と言います。

HPVこれがHPVです。

今、20代30代の日本女性に、子宮けいがんは急増しています。
毎日10人の女性が亡くなっているのです。
他人ごとではありません。

罹患率推移

この子宮けいがんは、ワクチンと検診で100%予防することができ、子宮けいがんという病気自体を撲滅することが可能なのです。
このけいがんワクチンと子宮けいがん検診については、
美的.com   に詳しく書きましたので、ぜひ読んでみてください。

また、ワクチンが発売されたら、詳しい情報(どこで接種できるのか、いくらくらいなのか)をわかりやすくお伝えします。 
待っていてください。

| 増田美加 | 女性医療 | - | - |

プロフィール

写真:増田美加

増田美加(ますだ みか)

女性医療ジャーナリストとして、毎月、人気女性月刊誌や女性専門サイトで、数々の女性のための医療&健康・美容現場を取材。
婦人科から乳腺科、女性泌尿器科、肛門科、整形外科、内科、皮膚科、脳神経外科、精神科、漢方専門医、歯科、その他もろもろまで。女性のための医療の現状をお伝えし、そこでの最新生情報はもちろん、ここだけの本音をそっとお話します。

  • 増田美加プロフィール

Link

千明と友人たちのビューティーブログ

  • もっとキレイのプレスセミナー報告
  • 女性医療ライター増田美加の「女性のキレイ&元気に役立つ|名医訪問記」
  • 吉川千明のOrganic Beauty
END jugem_ad -->
RSS atom