←前の記事へ ブログトップへ 次の記事へ→
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
視力を治療する
私が連載しているドマーニ7月号(6月1日発売)で近視治療について取材してきました。
今最も知られているのは、レーザー手術による「レーシック」という視力矯正治療だと思います。けれどもレーザー手術は怖い…と思っている人もいるはず。
そこで、寝ている間に専用のコンタクトを入れておくだけで視力が回復する! という夢のような「オルソケラトロジー」という治療法も取材したのです。
もちろん、レーシックについても詳しく取材していますので、興味のある方はドマーニをお読みください。

「オルソケラトロジー」の日本における第一人者でより新しい「オサート」という方法を開発したドクター、三井石根先生。

クリニックのサイトはこちらです。
http://www.ortho-k.co.jp/

三井先生は、子どものころから「宇宙飛行士になりたい!」という夢をもち、筑波大学医学部を卒業したあと、NASAの研究所で宇宙医学を研究。
宇宙飛行士の夢にあと一歩のところまで近づいたのでした。
ところが、宇宙飛行士の選考検査で、夢をあきらめなければならないことを知ったのです。
それが”視力”でした。
宇宙飛行士には最低でも0.1の視力が必要。0.02の三井先生は視力の壁で夢をあきらめなければならなかったそう。
そして、のちにアメリカで「オルソケラトロジー」という視力回復治療を学び、自分の視力も1.0まで回復させ、この治療法を日本に持ち帰ったのです。
このときには、すでに宇宙飛行士の年齢制限が過ぎていて、残念ながら三井先生は夢を実現することはできませんでした。
今は、「日本の子供たちが視力を理由に夢をあきらめてほしくない!」と日本で視力回復治療を続けています。
この「オサート」という視力矯正法なら、小さな子どもでも、高齢者でも治療可能。それも夜コンタクトを入れて寝るだけという安全なもの。近視だけでなく、乱視も、遠視、老眼にも対応できるのです。


三井先生の「夢をあきらめないで!」というメッセージのある医療に出合えて、感動しました。こんな素晴らしいドクターに会えるのが私の仕事の醍醐味です。
三井先生はほかにも最先端医療をたくさん研究していらっしゃいます。
とても興味深いものが多いので、近いうちにまたご紹介しますね。


| 増田美加 | 名医 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |

プロフィール

写真:増田美加

増田美加(ますだ みか)

女性医療ジャーナリストとして、毎月、人気女性月刊誌や女性専門サイトで、数々の女性のための医療&健康・美容現場を取材。
婦人科から乳腺科、女性泌尿器科、肛門科、整形外科、内科、皮膚科、脳神経外科、精神科、漢方専門医、歯科、その他もろもろまで。女性のための医療の現状をお伝えし、そこでの最新生情報はもちろん、ここだけの本音をそっとお話します。

  • 増田美加プロフィール

Link

千明と友人たちのビューティーブログ

  • もっとキレイのプレスセミナー報告
  • 女性医療ライター増田美加の「女性のキレイ&元気に役立つ|名医訪問記」
  • 吉川千明のOrganic Beauty
END jugem_ad -->
RSS atom