←前の記事へ ブログトップへ 次の記事へ→
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
皇居ラン
先週末、友人ふたりと皇居を2周しました。
1周5キロなので、約10キロ。
ちょうど桜の見ごろで花見気分で走れて最高!

手順はこうです。
仕事帰りに、まず皇居近くの銭湯に行き、
ウエアに着替えて荷物を預けます。
そして銭湯からゴー!
ぐっしょりかいた汗はお風呂で流し、
筋肉をもみほぐします。
あとはお楽しみの食事&ワインへ。

いつもは多摩川をひとりで走っている私ですが、
友達とおしゃべりしながら走るのも楽しいもの。
そうなのです。走り慣れてくると、スピードを
意識しなければおしゃべりして走れるの。
2周10キロ約1時間というスローペースで
皇居周辺の桜を見つつ、気の合う仲間とおしゃべりして
走るのって、すごくストレス発散になります。


桜の前で記念撮影。

友人のライター江口知子さん。
彼女はフルマラソンを約4時間で走る健脚です。
金哲彦氏の『「体幹」ランニング』(講談社)を
企画・編集しました。

私は乳がん発見をきっかけに健康のために走り出しましたが、
走ってよかったと思うことは、
1 何度も言うようですが、ストレス発散、気分爽快感を味わえる。
2 体脂肪が減って、体が引き締まった。
3 ”走れる”ことが自信につながった。人間の体って変われるんだなあってつくづく思います。
4 ちょっと食べすぎても安心。でもランのあとは格別、食事が美味しいので食べすぎに注意。
5 すごくいい発想が思い浮かんだり、悩みが解決したりする。
6 女性ホルモンがアップして肌がスベスベになる。

というわけで、ひとりで都会の景色を眺めつつ走るのも楽しいのです。
ストレスが多く、パソコンに向かう時間の長い
編集やライター仲間の女性たちは、最近ランにはまっている人が多いです。


これは皇居ラン翌日、土曜日の洗足池の桜です。

| 増田美加 | 健康 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |

プロフィール

写真:増田美加

増田美加(ますだ みか)

女性医療ジャーナリストとして、毎月、人気女性月刊誌や女性専門サイトで、数々の女性のための医療&健康・美容現場を取材。
婦人科から乳腺科、女性泌尿器科、肛門科、整形外科、内科、皮膚科、脳神経外科、精神科、漢方専門医、歯科、その他もろもろまで。女性のための医療の現状をお伝えし、そこでの最新生情報はもちろん、ここだけの本音をそっとお話します。

  • 増田美加プロフィール

Link

千明と友人たちのビューティーブログ

  • もっとキレイのプレスセミナー報告
  • 女性医療ライター増田美加の「女性のキレイ&元気に役立つ|名医訪問記」
  • 吉川千明のOrganic Beauty
END jugem_ad -->
RSS atom